素人なりのDIY

持ち家を使って素人がDIYを楽しんでます。参考になることがあれば何よりです。

刈払機

刈払機の刃(刈払刃)ってどれを買えばいいの?

更新日:

刈払機

たしかに、刈払機の刃を交換するとなったら、どれを買えばいいのか?いくらするのか?

畑でも使うからと、畑のブログに購入した刈払機のことを書いてましたが、続きはこちらのブログに書くことにしました。

肩掛式エンジン刈払機のPCG22EASPを購入しました。
> エンジン刈払機のPCG22EASPを購入

組み立ては簡単で、気になっていた混合燃料もわりと問題なく、すぐに使うことができました。

これであとは幼稚園や畑や家の周りの草を刈っていけばいいわけですが、消耗品である「刃」を交換するべく時が来たら、慌てないですかね?

慌てるでしょうし、気になりますから、事前に「PCG22EASP」の替え刃はどれを買えばいいのか、調べておきます。

なお、本体の組み立てで刃を取り付けましたので、刃の取り替え方は分かります。刃だけ買えば問題ありませんね。

やみくもに調べても仕方がないので、まずはPCG22EASPの仕様を見てみます。その仕様によると、「付属刈刃:直径230×36P」とあります。

直径230は直径でしょう。36Pはチップ(刃)の数ですかね?

これだけでは分かりませんので、Amazonで「PCG22EASP 刃」で探してみます。PCG22EASPはかなり人気の刈払機ですから、ヒットするはず。

その結果、、、ヒットせず(滝汗。

ちょっとお手上げ・・・

ならばと「刈払機 刃」でググってみました(グーグルで検索)。

参考になるサイトがたくさんヒット・・・。
(最初からこれをやれば良かった・・・)

刈払機の刃って、機種によると思いこんでました。

だから、Amazonで刈払機の製品名を指定して検索したわけです。

通りでヒットしないと思ったら、、車のタイヤのように、どれでもいいのですね。

細かくは、刈る対象やエンジンの大きさによって適した刃のサイズがありますが、どれでも装着できるようです。

そして、刈払機の刃を「刈払刃」と呼びます。

刈払刃の種類は大きく2つで、230mmと255mmです。私の購入した刈払機のPCG22EASPは、「付属刈刃:直径230×36P」とありますから、230mmを買えば間違いありませんね。

また、刃(チップ)の枚数も色々とあるようで、3枚のものもあれば、80枚のものもあるようです。これもどれにするか選択しなくてはなりませんね。付属の刈払刃には36Pとありました。36枚刃ということですね。

付属の刈払刃を使って問題なければ、同じものを買えばいいかと思います。

では、直径230×36Pの替え刃はいくらくらいなのか?

Amazonで「刈払刃 36P」で検索してみると


レモラ 穴明草刈チップソー 2枚組 230mm×36P

価格は送料込みで1000円ちょっと。しかも2枚。

「レモラ 穴明草刈チップソー 2枚組 230mm×36P」の詳細を見てみると、「一般草刈り用スタンダード品」とあります。

思ったよりもはるかに安いです。高かったらどうしようかと心配してましたが、この価格なら維持費としては問題ありませんね。

ふう。ようやく刈払刃を買えそうな気がしてきました。

購入したPCG22EASPの刈払刃がダメになりましたら、購入して装着してみます。

広告

広告

-刈払機
-

Copyright© 素人なりのDIY , 2019 All Rights Reserved.